kenny_desuのひとりごと

備忘録。 @kenny_desu

2018年楽曲10選

オタクが1年間の楽曲を振り返って年末に査定する、"年末の案件"というヤツです。
各インタビュー記事を引用して語ろうと思いましたが、納期に間に合わないので省略しました。
直感から選んで理由を後付けすることが多いので、オタク特有の意味不明な感想とともに「こんなわけのわからんオタクもいるんだな~」などと気軽な気持ちでご覧ください。

ルールは下記の通り。
・2018年中にリリースされた楽曲であること
・ランクインは1名義につき1曲まで
・曲紹介は曲名/アーティスト、作詞、作曲、編曲、タイアップまで(その他編曲等は割愛)
・アニメタイアップではなるべくアニメのネタバレはしない
・順不同

 

 

キラッとスタート/Run Girls, Run!

作詞:古屋真 作曲:オオヤギヒロオ 編曲:陶山 隼
TVアニメ「キラッとプリ☆チャン」第1-第2クールOPテーマ

「ドキッと輝くドキドキ 誰にでもあるから そうみんなプリチャンアイドル」

キラッとスタート

キラッとスタート

  • provided courtesy of iTunes

 

日曜朝10時にぴったりな希望に満ち溢れている曲。こういう直球は好物。
間奏のギターソロが死亡できるポイントになるので、落ちサビがもっと落ちていたら覇権を取っていたかもしれない。
フル尺を含まず集計するなら今年あらゆる場面で一番聴いたかもしれない曲*1であり、ラスサビで一生舞い続けていたのでランクイン。"なんだかんだで1期のOPが一番好き"系の曲になるのでしょうか。
地元が田舎すぎてプリ☆チャン筐体の交換ボードに1枚も刺さっておらず、泣きながら
3枚くらい刺してきたので誰か遊びに来てください。

 

 

アザレア/nano.RIPE

作詞:きみコ 作曲:佐々木淳 編曲:nano.RIPE
TVアニメ「citrus」OPテーマ

「残酷にも思える運命のその中で 見つからないように進もう 足跡は消して」

アザレア

アザレア

  • provided courtesy of iTunes

 

終始ドラムにボコボコにされ続ける曲なのでランクイン。私はライブ中にはドラムの音主体で動きがちなので、ドラムを聴いてて楽しい曲は必然的に上位に挙がってきます。
イントロのドラムでゴリラになると思いきや、ストリングスがすかさず入り込んで非常に良い仕事を果たしています。1サビ終わりが絶妙な死亡ポイント。
曲の仕上がり方に対して、MVはコミカルなテイストなのも個人的には好印象。
ドラムでゴリラになれる曲を知っている方は教えてください。

 


LOVE JOY FUN/寿美菜子

作詞:寿美菜子 作曲:國廣大悟 編曲:國廣大悟

「LOVE JOY FUN それは魔法の言葉」

LOVE JOY FUN

LOVE JOY FUN

  • 寿 美菜子
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

今年の10選の中では唯一のノンタイアップ曲。
人見知り、引っ込み思案だけど勇気を振り絞って前に進もうとする女の子をイメージした曲(ラジオやインタビューの内容をざっくり要約)。
戸松遥さんをイメージしたとも話していたと記憶しているのでランクイン。
かなりゴリゴリのEDMで、曲にあわせていくら動いても動きすぎることはありませんので、年末年始の運動不足を解消しましょう。

 


Sincerely/TRUE

作詞:唐沢美帆 作曲:堀江晶太 編曲:堀江晶太Evan Call
TVアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」OPテーマ

「言葉はいつでも 語るでもなくて そこにありばかり つのるばかり」

Sincerely

Sincerely

  • TRUE
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

オタクはよく「曲が強い」と言いがちだけど、多くはサウンド全般に対する印象をそう表現しているもので、「じゃあ歌詞が強い曲ってなんだろう?」というのを考えるようになってから毎年1~2曲は歌詞で判定した楽曲を選ぶようにしているのですが、不思議と「作詞:唐沢美帆」と書いてあることが多い気がするのです。*2
曲構成も所謂「2サビにいかない曲」*3であり、バラード調であることと併せて一層聞きごたえを増しているように感じられ、わたしなんで泣いているんだろうさんになってしまいランクイン。
毎年何かしらがランクインする*4ので、そろそろ単独ライブに参加した方が良いのでしょう……。ということで有事にならなければ来年2月に行きます。

 


プライド/高橋優

作詞:高橋優 作曲:高橋優 編曲:池窪浩一、高橋優
TVアニメ「メジャーセカンド」第1クールEDテーマ

「誰にも期待されてないくらいが丁度いいのさ」

プライド

プライド

  • 高橋優
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ハーモニカに始まり、静かなAメロからサビにかけて"静かに熱くなる"感覚が非常に自分好みのもの。
励まし系ソングにはなるものの、やたらめったら押し切ってくるような高すぎる温度感ではないのも高得点。後は宗教上の理由でプライドというワードに弱い。
「さすがに通ぶりすぎてない?」というご意見を頂いてしまいそうな選出ですが、自分の直感が言っているのだから仕方ないのでランクイン。
常日頃ゴリゴリのオタクソングばかり聴いているので、こういう曲がひとつくらいは入ってきてもよいでしょう。これを期にJ-POPを聴いてオタクをやめていきましょう。
ジャイロボールを練習するアイテム*5に騙された経験がある方は一緒にキャッチボールをしましょう。

 

 

願いキラキラきらり/大手町 梨稟(CV:楠木ともり

作詞:畑亜貴 作曲:光増ハジメ 編曲:光増ハジメ
「温泉むすめ」キャラクターソング

「一人でも怖くないの きっと駆け抜けられる 言い聞かせて今を あたしなりに進むよ」

願いキラキラきらり

願いキラキラきらり

  • provided courtesy of iTunes

 

宗教上の理由で温泉むすめのイベント*6に参加→12月25日ON SALEのためギリギリ査定対象と判明→査定してみたら入ってしまった という自然な流れでランクイン。
コンテンツのことはよくわからんのですが後ろで鳴っている音が好きすぎて逃げ切れず、イントロからAメロまでで床が綺麗になってしまいます。
12月最終週のリリースなのでどう取り扱うか悩んだものの2018年分としてカウント。ギリギリ年内のリリースということもあってか、ランクインしている様子が見られない気がします。
余談ですが、先日伊香保温泉に行き、足湯で疲れをフットバス(使い古されたダジャレ)ことができました。

 

 

 

 

トリカゴ/XX:me(戸松遥,市ノ瀬加那, 山下七海, 早見沙織, 石上静香)

作詞:杉山勝彦 作曲:杉山勝彦 編曲:杉山勝彦
TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第1話-第6話EDテーマ

「ブラウスの一番上まで留めたボタン 息苦しくなって ため息が出てしまう」

トリカゴ

トリカゴ

  • XX:me
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

アニメ本編はなんであんなことになってしまったんだろう……と残念さはあるものの、そういうアニメに限って楽曲は優秀。ダーリン・イン・ザ・フランキスの楽曲はいずれも自分好みで何を入れるか迷ったものの、ストリングスの音が特徴的であるこの曲には逆らえずにランクイン。
イントロ即テテテテテ-テーテーテテテで死亡してしまいます。*7"教科書の余白"なんかの言葉選びも好きですね。
制作陣は楽曲に対して相当の熱量をこめていることは過去のインタビュー記事からうかがえますが、この曲では本作品の世界観を学校にたとえて良く表現されていると思います。
メインキャストが10人揃ったにもかかわらず、お絵かき大会をするだけで終わったAnimeJapanのステージは本当に何だったのでしょうか。期待とそれに対するアウトプットの観点でクソイベオブザイヤー2018に輝いてしまいました。

 

 


GET BACK/水樹奈々

作詞:矢吹俊郎 作曲:HAMA-kgn 編曲:EFFY
劇場版アニメ「魔法少女リリカルなのは Detonation」挿入歌

「戦いの日が来た 覚悟を貫いて そう全てを君に捧げたいよ 夜を越えたら また強くなる 君だけは守りたいよ」

GET BACK

GET BACK

  • provided courtesy of iTunes

 

魔法少女リリカルなのは Detonation」の挿入歌。この曲が流れるシーンは劇中でも見どころのひとつで、べらぼうに特徴的だったピアノの音がずっと印象に残っていたこともありランクイン。あの辺のシーンだけ繰り返して再生したい。
上述の通り、イントロ、サビ前、2Aメロ入りあたりを筆頭にピアノの音が要所でよく主張してくる曲。歌詞カード片手に曲を聴きこみつつ劇場版本編を見てぶっ倒れましょう。
Reclectionの時は時に感想を言うこともなくヘラヘラとしていたんですが、Detonationでこんな曲が出てきて10年位前の自分*8が顔を出してしまったのでもうちょっと早く点火したかった。
先日部屋の大掃除をしていたら2009年頃(Vividの辺り)の遺産が出土したので誰か引き取ってください。

 


Get Over Dress-code/DressingPafé(ドレッシングパフェ)東堂シオン(CV.山北早紀)ドロシー・ウェスト(CV.澁谷梓希)レオナ・ウェスト(CV.若井友希

作詞:松井洋平 作曲:桑原聖酒井拓也 編曲:酒井拓也
TVアニメ「アイドルタイムプリパラ」挿入歌

「神がライバルだって?越えちゃえばいいっ」

Get Over Dress-code

Get Over Dress-code

  • provided courtesy of iTunes

 

イントロのギターをはじめ、曲単体で聴いても死亡ポイントが多数存在する曲。
女児としても、ドレッシングパフェの全てが詰まっていると言っても
過言ではないこの曲は外すことができず、約4分が何もかも死亡ポイントになってしまいランクイン。
この曲の背景を含めて話るには余白が足りないので割愛。
当たり前ですが、アニメソングはアニメを見ることで効用が高まるので、年末年始に時間を持て余している方は「プリパラ」を視聴すると良い時間つぶしになるかと思います。

 


Memorial/i☆Ris

作詞:森月キャス 作曲:渡辺徹 編曲:渡辺徹
TVアニメ「アイドルタイムプリパラ」第4クールOPテーマ

「いつもの"おはよう"でさえ あたりまえじゃなくて ステキな奇跡だったんだね」

Memorial

Memorial

  • provided courtesy of iTunes

 

「プリパラ」「アイドルタイムプリパラ」、さらにはi☆Risにとってもこれまでの集大成といえる楽曲。
SoLaMi♡Dressingバージョンとどちらを採用するか悩んだものの、こちらの方が落ちサビが気持ちいいのでこちらを採用。
メロディーと歌詞の組み合わせによる効果が段違いのためランクイン。
集大成、次世代へのバトンを繋いでいく位置付けの楽曲は総じて感情に訴えかけてくる傾向があると思いますが、今年の楽曲の中でも特にその傾向が強かったかと思います。
あーだこーだと語るのも野暮なのでこの辺で切り上げておきますが、アニメソングはアニメを見ることで効用が高まるので、年末年始に時間を持て余している方は「プリパラ」を視聴すると良い時間つぶしになるかと思います。
CHA-LA HEAD-CHA-LA」のイントロに似ていると話題ですが、個人的には「ラスト・アクトレス」と「Monster」の方がまだ似ていると思います。

 

 

以下、レギュレーションや単純に10番以内に入らなかった、その他諸事情により惜しくも漏れた曲(曲名/アーティストのみご紹介)
・近日公開第二章/PENGUIN RESEARCH
・Silent Joker/真壁瑞希(CV.阿部里果)
・Trust Your Mind/雨宮天
・escape/XX:me(戸松遥,市ノ瀬加那, 山下七海, 早見沙織, 石上静香)
Eclipse/蒼井翔太
・ADAMAS/LiSA
・KI-te MI-te HIT PARADE!/パーリィ☆フェアリィ(ナックラヴィ(CV.茜屋日海夏)、ティターニア(CV.高橋李依)、クーピー(CV.東山奈央)、ブリギッテ(CV.芹澤優)、ボダッハ(CV.三森すずこ)、ベトール(CV.日高里菜))
・MELODY IN THE POCKET/777☆SISTERS
・17才/ハルカトミユキ
・believe again/奴村露乃(CV:茜屋日海夏)

 

 

自分が追いかけているアーティストと、ここに挙がってくるアーティストが必ずしも
一致しないので、いかに自分が日頃顔面を追いかけているかがよくわかりますね。
「ゼンゼントモダチ」と「衝動」は繋げるのでは? などと考えながらも自分ではやらずに浅瀬でちゃぱちゃぱしているタイプのオタクなので、来年も良い楽曲を適度に探していければなー、と。
年末にバタバタと査定を進める癖は相変わらず、ギリギリまで引っ張ってのご紹介となりましたが以上です。

*1:プリチャン関連のライブをはじめ、4月から開始したアニメ、ゲーム筐体での回数をカウントする。

*2:サウンドスケープ」をはじめ、提供曲では「未来飛行」などがそれにあたると個人的には考えています。

*3:2番Aメロ→Bメロ→サビのように一般的な構成でなく、2番サビを省略してCメロに突入するような曲を勝手にこう呼んでいます。

*4:2017:フロム、2016:サウンドスケープ、2015:DREAM SOLISTER、2014:UNISONIA

*5:これとか。→https://www.amazon.co.jp/dp/B00510K0HW/ref=asc_df_B00510K0HW2558486/?tag=jpgo-22&creative=9303&creativeASIN=B00510K0HW&linkCode=df0&hvadid=208357584469&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=26695999876914369&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009292&hvtargid=pla-442631850955&th=1&psc=1

*6:温泉むすめ 4th LIVE“ NOW ON☆SENSATION!! ” 〜聖夜にワッチョイナ Vol.2〜

*7:「LAWSON premium event  戸松遥のMusic Rainbow 05」にて戸松遥さんソロ歌唱によるものが披露されましたが、本当に死亡してしまいました。

*8:なのは関連のOPED挿入歌だと「MASSIVE WONDERS」が推しメンなので10年ちょっと前。