kenny_desuのひとりごと

備忘録。 @kenny_desu

2019年楽曲10選

全国10人くらいのkenny_desuファンの皆様(そんなにいるのか?)こんばんは。
毎年恒例のオタクが10曲選ぶやつです。

レギュレーション

・1アーティスト(1名義)1曲
・1コンテンツ1曲
・上記の範囲内で、作詞作曲編曲に偏りがあれば調整する
・2019年リリースの楽曲
・順不同

 

Star Diamond/スタァライト九九組

作詞:中村彼方 作曲・編曲:本多友紀(Arte Refact)
TVアニメ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」6thシングルCD

Star Diamond

Star Diamond

オタク大好き要素欲張りセット。
ピアノイントロマニア、ストリングスマニア、間奏ギターソロマニア、歌詞マニア、落ちサビマニアなど、これでもかと多種多様なマニアを刺していく曲。
欲張りセットなので至る所に良いポイントがありますが、何といってもアニメ作品の曲だけあって歌詞と曲の相乗効果で横転が止まらないのがポイントだと思います。
今すぐ12話分アニメを見て*1基本知識*2を押さえるだけでもアニソンの特権を余すことなく味わうことができるおすすめの一曲。

負けられない キミにだけは
舞台の上では向かい合おうね
暴れる剣先も 震える歌声も
受け止めて欲しいよ

ちゃんとアニメを見てからここの文章を書こうとしたので記事の公開が2日ほど遅れたのは秘密です。


Everyday's Evidence/相羽あいな

作詞:RUCCA 作曲・編曲:菊田大介Elements Garden

Everyday's Evidence

Everyday's Evidence

この手の曲でイントロ~Bメロの疾走感をキープしつつサビを盛り上げるのって難しいと個人的には思っていて。サビが物足りないタイプの曲が多い気がしますが(個人の主観に基づく意見)。
そんな中でもこの曲は、全体の構成を意識した温度感の運び方が秀逸と感じました。
上げっぱなしでもなく、落とすところは落とす。落ちサビ以降は後奏まで加熱していき多動が止まらない曲構成。
多動して良し、コーレス曲*3なので絶叫して良しの落ち着きがない方にもおすすめの一曲。


icy tail YO!/氷堂美智留(矢作紗友里)

作詞:稲葉エミ 作曲・編曲:高尾奏之介
劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』挿入歌
saenai-movie.com

毎週イントロ即横転しながら映画館を破壊。
しかし情緒のある歌詞が重要で横転している場合ではないのでは? と一度で二度おいしい曲です。
上述の通り歌詞がとてもとてもとても素晴らしく、2番は要注目です。
豪華版パンフレットの特典CD収録曲ですが、Instrumentalが収録されているので偉い。
曲を聴きながらキモい表情になってキモい文章を書くのも捗るので、オタクにもおすすめの一曲。
氷堂美智留、人の物を勝手に捨てるタイプでなければ評価高かったのに。


ソレイユを臨んで/内田彩

作詞:やしきん / 作曲・編曲:Tak Miyazawa

ソレイユを臨んで

ソレイユを臨んで

  • アーティスト:内田 彩
  • 出版社/メーカー: Nippon Columbia Co., Ltd.
  • 発売日: 2019/11/27
  • メディア: MP3 ダウンロード

この曲が収録されている『Ephemera』はどこから何を流しても凄い曲が流れる凄いアルバムであるため、悩みました。
私の周囲ではそこまで話題になっていない印象ですが、今年リリースのアルバムの中でも指折りの良盤ではないでしょうか。その中でチョイスするのはこの曲。
耳障りが良く、心地良い音楽。「悔しさって強さに変わるから 育ててみよう」が特にお気に入り。
良質サウンドを求めるあなたにおすすめの一曲。


雨の森はウソつき/小倉唯

作詞:大山恭子/作曲・編曲:早川博隆/川西竜弥

雨の森はウソつき

雨の森はウソつき

個人名義の曲だからこそできる表現がなされている曲だと感じます。
少しメルヘンチックな曲調と、歌い上げる難易度が高い*4リズムを見事に自身の色で染め上げている印象。
浅学故に小倉唯さんのことは深くは存じ上げていないのですがあっぱれの一言です。
今年の非多動曲枠。顔と曲を両立させたいあなたにおすすめの一曲。


ロジックルーパー/夏川椎菜

作詞・作曲・編曲:HAMA-kgn

ロジックルーパー

ロジックルーパー

今年の10曲には『ログライン』か『Ep01』収録曲の何かは入っているのでは? と推測されるほどに人気アーティストとなった夏川椎菜さん。
どちらもぜひ通しで聴いてほしい良盤ですが、敢えてひとつチョイスするならばこの曲。
「ステテクレバー」や「キタイダイ」なども良い曲には違いないのですが、他のオタクと同じでも面白くない*5自分が一番好きなのがこれでした。
リズムが跳ねる、跳ねる、跳ねまくる。聴いていてウキウキが止まらない。間奏ギターマニアにもおすすめの一曲。
余談ですが、2000人規模のホールツアーをしていたはずなのに「ワルモノウィル ネプリーグ」で検索しても全然ヒットしないのはなぜ?


RIVALS/田所あずさ

作詞:安藤紗々 作曲・編曲:神田ジョン
TVアニメ『神田川JET GIRLS』エンディング主題歌

RIVALS

RIVALS

心地良い疾走感を感じる曲。
聴いていて疲れるほどに激しい曲調ではないが、満足感が高い爽やかなサウンド
しかしながらよく聴いてみると裏で鳴っている音が凄い。第一印象も良いが、聴くほどに味が出る仕上がりとなっている印象です。
ストリングスマニアにもおすすめの一曲。


死線上の華/悠木碧

作詞:hotaru 作曲・編曲:横関公太

死線上の華

死線上の華

  • 悠木 碧
  • アニメ
  • ¥255

この曲が収録されている『ボイスサンプル』は、曲によってまるっきり方向性や表現が異なったり、発声そのものが別物であったりと、様々な試みが行われており多くの見どころがある興味深いアルバムでした。
ある曲のpに非常によく似ているものや、気が狂った時代が追いつくまでに300年はかかりそうなもの*6もあり、聴いていて面白かったのですがその中から選んだのはこの曲。
第一印象は「なんか無限にバグっているけどこの曲収拾ついてる? 大丈夫?」でした。
しかしここまで重厚に、徹底的にやっているテイストの曲は気持ちいいものです。
とにかくバグりたい人におすすめの一曲。


ルフロンティア/ASCA

作詞:ASCA, Saku 作曲・編曲:Saku
アプリゲーム『ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング』主題歌

セルフロンティア

セルフロンティア

なんとなくCMで聴いたことがある人は多そうなこの曲。
ゲームタイアップ楽曲である作品の背景と、決意の強さを感じる歌詞とのリンクも合わせて総合的な満足度が高い仕上がり。
ストリングスが非常に良く、刻み多動ポイントも多く存在し、サビ前の「ピピピピピ」など即死ポイントも仕込まれており楽曲派必聴の一曲。


静寂のアポストル/JAM Project

作詞:森 雪之丞 作曲:ヒカルド・クルーズ 編曲:宮崎 誠
TVアニメ『ワンパンマン』第2期オープニング主題歌

静寂のアポストル

静寂のアポストル

大御所による圧倒的パワーを誇る曲。
アーティストのロングトーンを聴いていて気持ちいい時にガッツポーズが出ることがありますよね?
この曲で先に限界を迎えるのはオタクのガッツポーズ。曲の勢いの方が強いためにガッツポーズが先に伸び切ってしまうのです。
ぜひその力強さを味わってほしい一曲。




今年は例年に比べて声優オタク的ストレートなチョイスが増え、バラードやスローテンポの枠が減少しました。
日々の多動と週1回のマサイ・絶叫は健康にも良いので、皆さんもぜひお気に入りの楽曲を発見して健康を維持していきましょう。

今年の楽曲は今年のうちに。楽曲発掘の一助となれば幸いです。
オタクを続けていたら来年もやります。

*1:https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/tp_pc

*2:https://revuestarlight.com/story/

*3:合いの手は絶叫するのが正しいようです。

*4:気まぐれで風呂場で絶叫しようとしたら無理でした。こんなの誰が歌えんねん。

*5:本当に他のオタクと同じでも面白くないからわざわざ曲を変える斜構なら「HIRAETH」などにしているので素直に好きな曲です。

*6:https://www.youtube.com/watch?v=G5gTd8ueS24